センシブルブログ

スポンサーサイト

2013.03.01 Friday  | -

一定期間更新がないため広告を表示しています


病と利器

2013.03.01 Friday 14:52 | takaki
 I社長から突然、問いかけられました。「癌にならな唯一の臓器は?」

答えは心臓。「心臓癌」というのは聞いたことがないので、正解を言うことができましたが、理由は解りません。I社長曰く、常に筋肉で動いていて、冷えることがないから。つまり、免疫力が衰えないところだということです。免疫力という語は最近よく耳にします。風邪をひいて熱が出るのは、温度を上げれば免疫力、抵抗力が上がるからと。逆に低体温症は、免疫力が弱まり、病気への抵抗力が総じて弱まると言う感じで原理が紐解かれます。


個人的には、この冬はほんとうに良く風邪をひきました。最初は子供が保育園から貰ってくる風邪のせいにしていましたが、結局は、自らの免疫力の衰えなのだと途中で気付きました。身体が冷える、というのは、寒い環境で仕事をしているという外的環境としての気温のことではなく、身体の中身、自ら暖まらない、ということの方が問題のようです。その原因は、運動不足であったり、食べ物であったり、その他を含めて複合的に作用しているのだと思います。


運動不足は運動をする、食べ物については、身体が温まる食べ物を食べる、と、結論は単純です。食べ物はまた、漢方的な判断として、陽性(豚肉や味噌)のものは身体を温め、陰性(果物、生野菜など)のものは冷やす、など、既に私達は知識として持ってます。昔ながらの季節感ある献立は、やはり冷やす温めるが季節と合致していたのかもしれません。そうした中で最も単純明解でありながら、不可解に不合理を働いていのが、冷たい飲食物です。夏に冷たいものを体内に取り込みたいという気持ちはまだ理解可能ですが、私達はなぜか冬にも冷えた飲み物、場合によっては食べ物を食べます。極寒の外気に反して快適な温度の室内を確保した後、窓外の雪をながめながら、冷たいビールを飲みます。


現代の日本人の4人に一人は癌で亡くなるというフレーズを耳にしますが、理由は食生活の欧米化、とざっくりと言いくるめられたりしますが、食べ物の素材だけでなく、温度も関係しているのかもしれません。とすると、室内環境の快適化と冷蔵庫の普及は、癌疾病増加の一因ということになってしまいます。


少なくとも、高性能化、低価格化、の一途にある「文明の利器」を私達は、上手に距離感をもって付き合う術を身につけなければならない、そういう時代なのではないか、という気がしてきます。自ら作り出した便利なものとの冷静な関係とは、現代人の私達に科せられた高度な命題なのかもしれません。当面の利便や皮算用から家を省みるというのはちょっと前時代的で、これからは生活習慣病から、生活を省み、家を省みる、そういう順序が本当はすんなりといくのかもしれません。


不感、電磁波

2012.12.03 Monday 23:03 | takaki
 世の中は、疑い始めるときりがないもの、心配し出すととめどないもので溢れています。生活環境、ということでいうと、いろいろありますが、先週、ちょっとこれはまじめに勉強しなければ、というものに出会いました。電磁波です。電子レンジやIH調理器などから出ていて、身体によくないとかなんとかで、耳にしているあれです。

一刀両断に白黒がはっきりするものではないのかもしれません。白血病に至る前段階として倦怠感や不眠症、頭痛といった、原因の特定しにくいものの中に、電磁波の影響の可能性がある、という具合です。全ての生物無生物の原子は、それぞれの固有の周波数で振動していて、その集まりが全体であることを考えると、自然界ではありえない電磁波の中では、人間であれば健康にも影響を与えるだろうことは、想像しやすいと思いました。昨今問題になっている放射能と同様、自然界にも存在し、それを避けては生きていけないものであると共に、ある一定の値を超えた世界では、生物は寿命を全うできない、ということでしょうか。ゼロイチではなく、「程度」の問題なのでしょう。

パソコンや携帯電話などの最近の電子機器だけでなく、ドライヤーや掃除機など古典的な家電からも、つまりは殆どすべての電気製品から電磁波が出ているそうですが、例えばIH調理器などは2008年以降、電磁波が殆ど出ないように製品開発が進んでいるようです。またそれら家電ならば、距離を保ったり、またはアースをするなどして、比較的簡単に対処ができるようです。問題は電気をたくさん使う(電源がたくさん埋設されている)現代の住まいそのものから発している電磁波のようで、一般的な住宅における電磁波対策については概ね無策であるというのが実状です。策を講じなくてはならないかどうか、ここからがグレーゾーンで、簡単には腰の上がらないところだと思いますが、もし、「必要性を感じる」という声が多くなれば、現代住宅はシックハウス症候群を引き起こした汚点をようやく払拭した今、一難去ってまた一難、電磁波という新たな汚点を抱えてしまった、ということになります。

水俣病を引き起こした水銀も、建築材料として多用されてきたアスベストも、それから最近のシックハウス症候群なども、因果関係がきちんと立証されていないという段階の当初では、話は一部の敏感な人たちの間のものでしかありませんでした。ほとんど全ての人に関係することでありましたが、全ての人に認知され、行動が伴うには、多くの犠牲(者)を払いました。その犠牲を少しでも少なくするためには、仮に「疑わしきは罰せず」であっても、疑わしきものである、という段階の正しい情報が共有される必要はあるように思います。そこから先は、個人の直感と行動の責任とすれば、社会はぎりぎり健全だとはいえないでしょうか。

以下は、参考までに見つけた電磁波に関する比較的わかりやすいサイトです。

エコロガ「電磁波の影響」




冷暖房とアンチエージング

2012.09.10 Monday 21:05 | takaki
 先日、実母の部屋のエアコンを取り替えました。室内機本体から、ドレン水がしたたるようになり、2002年製とあったので、いっそのこと取り替えるということでした。どうせとりかえるならいいものがいい、と言われ、除湿、加湿機能付きのものにしました。9月の始め、昨年は、このころも残暑が厳しかったように覚えていますが、今秋の夜は涼しく、窓を開けて寝るかどうか、というところです。ところが、齢80の老母は、まだエアコンが無ければ夜が眠れない、と子供のように不平を訴え、私を見るとエアコン屋を見つけたかのように「工事は何時だ」とせがむ始末。ようやく、新しいものに取り替えてあげると、子供がおもちゃを取り戻した瞬間のように、おとなしくなりました。

さて、問題は、暑さ寒さへの感覚ですが、やはり、高齢者にとっての暑さや寒さは、若い人に比べて、格段に順応性が悪そうだということを、痛感しました。確かに、私達の幼少の時には、ランニングシャツ+半ズボンで越冬する仲間がいた反面、同じスタイルで越冬する老人など都市伝説にすらなかったはずです。精神力を抜きにして、やはり、物理的な身体の体温維持機能に、大きな差があるということなのだと思います。

ということは、室内環境の理想化(暖房や冷房)をどこまで強制的に行うかという問いに対して、個人差云々の前に、少なくとも年齢差はすべからく考慮にいれなければならない、ということになるかと思います。5歳のピンピン坊やと、80歳のおばあちゃんとは、冷暖房への依存度は異なるべきだということです。長幼有序の美徳も、子供にとっては過度の冷暖房に甘んじる風習ということになるでしょうか。病人や老人などの配慮すべき人々には、惜しまず人工環境を差し出すべきであり、一方、子供や健常者は、なるべくその依存度を低く保つような心がけが必要なのかもしれません。冷暖房依存度が肌年齢を作る、というならば、これすなわち、家作りはアンチエージングに関わるということになるでしょうか。


電気代倍増で自然エネルギーを買う?

2012.09.05 Wednesday 23:28 | takaki

「政府は4日、エネルギー・環境会議を開き、将来的に原発ゼロを目指す場合の課題を議論した。2030年にゼロにする場合、原発を代替する再生可能エネルギーの普及に約50兆円の投資が必要と試算。電気代を含む家庭の光熱費は22年比でほぼ倍増し、月額3万円を超すとした。」(産経新聞 94()1233分配信)

昨日この記事を読んで、私は率直に、そういうトレードは必要かもしれないと思いました。消費税問題と同じように、安直に国民負担になだれ込む政府の姿勢に対する疑念が湧かないわけではありませんが、ちょっと論点を変えて、国民負担は致し方ないという消極的なとらえ方ではなく、これを機会に生活の電力依存に歯止めをかける更正代金、というふうに考えるとどうでしょう。原子力発電は、発電すること自体は低コストかもしれませんが、その後の廃棄物処理は、高価というより、今の人類の英知では対処しきれないわけで、自然エネルギーへコストをかければ、コストをかけても処理できないものが発生しないようになるのだ、と考えてみてもいいかもしれません。未来の人類に対して、当然といわれると身も蓋もありません。あるいは、電気仕掛けの一途が人間幸福の追求に関わるかどうか、とクールに考えてみるのもいいかもしれません。

現状が、当面の利益のために構築されているとすれば、その現状を打開するためには、当面の不利益を覚悟する必要があるのかもしれません。

問題は電気代増額分の「上がり」が有効に社会へ貢献しているかどうか、でしょうか。そうであるなら、電気代は皆平等でしょうから、不満よりも理念が勝る可能性があるように思います。


夏、低温、高湿の外気を取り入れるべき?

2012.08.29 Wednesday 00:03 | takaki
 昨日と今日は、雨の日でした。そして、秋雨とはいいませんが、夏の熱帯夜からも、すこし免れたような2日間でした。またそれに付随して自宅で発生したちょっとした問答から、湿度と温度、そして快適性について、すこし考える機会ができました。

昨日、日中はそれなりに暑かったのですが、夜、11時を過ぎた頃から、雨が降り始め、涼しくなってきました。24時頃、仕事から家にもどり、お風呂に入って、エアコンで締め切っていた窓を全開すると、家の内から、開けるなの指示。湿気が入るではないかとのこと。理屈では、雨が降っていて、湿気が入ってきそうなのは解ってはいましたが、肌身には明らかに涼しく心地よく、そのまま自分は、知らんぷりで床に伏しました。明け方、家の窓はまるで自動ドアのようにすべて閉め切られていて、蒸し暑くて、06:30に起きてしまいました。

夏の間、昼でも夜でもよいですが、雨が降り、湿気が多いけれども温度の下がった外気をとりいれるべきか、遮断すべきか、屋外環境派としては、迷うところだと思います。(エアコン派にとっては、悩むところではないでしょうが。)そこで、昨日に起こった究極の選択を、少し科学的に解いてみようと思います。

気象庁のデータで見ると、昨日の24時(福岡)は26.6度、湿度は84%でした。この二つの変数から、不快指数を計算すると、79.44でした。これは外気の状況ですが、同じその時、我が家の室内は、28.5度、67%、結果、不快指数78.7でした。外気を取り入れるべきかどうかを不快指数のみで判断すれば、取り入れた方が、身体には心地よい、ということになりそうです。

別の視点で、絶対湿度を比べてみます。私たちが普段湿度と言っているのは、相対湿度で、これは、空気中に含まれる水蒸気量が同じでもその気温が変われば、パーセントが変わります。それに比べて、単位体積あたりの空気に含まれる水蒸気の絶対量を絶対湿度といいます。これは、普段の私たちは扱わない数字です。が、これを昨日の屋外、室内で比べると、室内は19.23g/立米、屋外は21.67g/立米ということになります。ここだけを見れば、屋外の方が、やはり空気に含まれる水蒸気量が多いので、シャットアウトすべきではないか、ということになります。

アメリカで見いだされた「不快指数」という統計に根ざした人間感覚に近い評価と、水蒸気量という、単純に計測される物理的なものが、互い違いになっていて、結局、この究極の選択は、どちらかの一方的な勝利とはならないようですが、どちらの数字を我が肌身の根拠とするかは、大きな分かれ目のような気がします。エアコンがあれば関係がない話ですが、秋も近づくと、窓を開ければ涼しげな鈴虫の声なども聞こえてきて、これまた、悩ましい選択の要素が加わります。住宅の構想者にとっては、よく言われる相対湿度だけではなく、絶対湿度の概念も考えながら、さてなにが答えだろう、と悩むこと自体、家作りの奥行きを感じる愉しい部分だと気づかされます。



風通し派とエアコン派-3

2012.08.01 Wednesday 16:47 | takaki
 

私は職業柄、季節にかかわらず、一日のうちに室内と外を交互に出入りする環境で日々を過ごしています。室内は、世間一般の事務所環境、室外といえば概ね建築現場、屋根のない場合もあれば、屋根の上もあれば、エアコン不在の室内〜蒸し風呂状態(夏の場合)もあります。真夏に現場があれば、その温度差環境を往復することによっていわゆる冷房病のような状態になってしまいます。あるいは、室内に缶詰の状態であっても、8月の下旬あたりから、夏バテの定型を発症してしまいます。このような環境差に無神経に従っていると、体が必ずおかしくなっていくので、私の事務所は可能な限り、冷房はつけません。事務所から現場の間の車中も、可能な限りつけません。どうしてもたまらない場合、例えば外気が35度などという時は、車内温度設定を30〜31度ぐらいにします。外気温が35度にもなれば、控えめといわれる28度という設定であっても、キンキンに冷えた感じがします。私は外気温に比例させて、フレキシブルに調節しています。

夏は汗を流すことを厭わない、そう心がけることによって、体が夏型になる感じがします。結果、エアコンをつけたいという時間が明らかに短くなります。もちろん、同室している人がそういう身体になっていない場合は、エアコンのリモコン争いがおこります。大勢の事務所では、寒い人が服を重ねればいいという主従ができます。

人間は自らの行動世界の全てを空調できないのであれば、空調できる環境を、空調出来ない環境に近づけるという姿勢の方が、自然な健康を得られるように思います。(冬も同じでしょうか?暖房病?)冷房病は、おそらく冷房漬けが発端となり発症する体の不調の総称のようですが、私たちが自然に抗して作り上げた理想環境が、不健康を導いているというのであれば、結果論的には、風通し派の意味が、科学的というより実証的な根拠を得られるように思うのですが、いかがでしょうか。


風通し派とエアコン派-2

2012.07.27 Friday 11:37 | takaki
風水という言葉を、お聞きになったことがあるかもしれません。古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を制御するために、気の流れを物の位置で制御する思想です。私たちが例えば「地理」というと、学校で習う教科の一つとなっていますが、元々「地理」とは「風水」の別名だったそうです。現代のジオメトリー(英語でいう「地理」)のように科学的な要素、土地の起伏や地質、水の流れなど、つまり人間の五感で感じることができる世界を含んでいたということです。

さて問題は「気の流れ」です。人の体内を流れる気は、既に科学的にその存在や働きが立証されています。最近よく巷に目にする鍼灸治療院は、体内の血液や気や体液の流れを滞りないものにするという治療を行っているところです。都市や家に流れる気の存在は、人体解明より遅れて、科学的に明かになってはおりませんが、もし、風水思想に従うなら、それらの気も滞りなく流れているのが、良いということになるかもしれません。つまり、なんとなく家の窓を開けて、外の風を室内に引き入れたいという感覚は、もしかしたら物理的な風(=wind)ではない流れを本能的に感じようとしているのではないでしょうか。人間自身が体内をよどみなく諸物が流れているのが健全であるように、人間をとりまく環境も同様である、と想像したくなります。

もちろん、見えない何か、というベールに包まれた世界の話ばかりではなく、窓を開ければ、虫の音や、鳥の鳴き声、草木がそよぐ音、もしくは、子供がはしゃいでいる声が聞こえてくることによって、私達は室内よりもずっと広い生活圏に生きていることがわかります。窓を開けることによって、そういう広さが感じられる、それが案外心地良い、と私達はどこかで感じているのかもしれません。


風通し派とエアコン派-1

2012.07.25 Wednesday 09:20 | takaki


風通し派か、エアコン派か、生活スタイルがわかれる季節です。私は個人的には風通し派ですが、身内を含めて、そうではない意見の人々を観察することになります。ここで窓を開けたら、外から熱風が入っていくる、あるいは湿気が入ってくる、という風に、いかに風通し派であっても、しかるべきタイミングを冷静に捉えていないと、我が家ですら立つ瀬は在りません。

生活スタイルはそのまま家作りの骨格になりますから、家作りとしてのエアコン派がもちろん存在します。いわゆる高気密高断熱の高仕様を基本とし、通風は機械換気(換気扇)により完全制御し、人間の呼吸によって増える二酸化炭素が基準を超えないだけの最低限の換気とすることによって、室内への湿度の流入を制御し、エアコンの設定温度を高めに設定できることによって、室内環境を理想に保つというシナリオです。おそらくエアコン派であるなら、これが答えなのかもしれません。

上記のような人々や考え方と接しているうちに、一方の風通し派には、エアコン派が行き着くような科学的理想とは別の理想=感覚があるのではないかということを考えるようになりました。科学的ではないので、ずばり、「なんとなく、外の風を感じていたい」が、当面の理屈です。外の風を感じていたい理由を、もうすこし説明しようとすると、そこから先は一旦、科学というより文学的、あるいは個人の感覚の世界になっていきます。


電気を用いないの術

2012.07.18 Wednesday 09:46 | takaki

昨日、ガイアの夜明けという番組で、偶々屋上緑化の家々が紹介されていました。やはり、金属防水技術と屋根緑化用の軽量土の普及によって、これからは屋上緑化住宅、という風な雰囲気が伝わってきました。屋上に屋外用リビングソファーとジャグジー風呂を設けた家が紹介され、家族と友人がバーベキューをしながら、真夏の夜に涼しんでいる光景がありました。緑化された屋根直下の寝室では、熱帯夜に一度もエアコンを用いなかった、という事例も紹介されていました。番組のテーマは、「電気を用いないで夏を涼しく過ごす」でした。涼しさはいうまでもなく、水と緑と土による気化熱ともう一つ、放射冷却の原理が横たわっていました。

私達も「センシブル」と称して、当にこのことを家作りとして追求している真っ最中です。電気を僅かに用いて快適環境を得ようとする技術は沢山ありますが、なにかそれでは面白みがない、というか自然を本当にうまく用いているだろうかという疑問が基になっています。昨日の番組は「電気を用いずに」という命題が独りよがりではなく、多くの人々の共有課題になりつつある、ということを感じることができました。


電球の「衣替え」

2012.07.05 Thursday 16:30 | takaki
今では、電球というとLEDのことを指しますが、寿命を待たず取り替えられて、余った白熱球はもう役に立たないのかと、ずっと考えていました。白熱球はその消費エネルギーの10%程度が可視光として消費され、残りは熱として放出されるそうです。

別な言い方をすれば、光源というより熱源、ほとんど暖房器具です。ならば、冬の間だけ、LEDを白熱球に戻しておくというのもいいのではないかと思いました。実際、クルマのライトもLED化が進んでいますが、寒冷地では、ハロゲン球などの方が、融雪効果があるから良いという意見もあるそうです。

とはいっても家中の照明を年2回「衣替え」するのは大変ですので、その効果が大きいところからやってみました。すなわち・・、脱衣室とかトイレのように一時的に用いる小さな空間であれば、白熱球を熱源として感じることができるのではないかということで、自宅の脱衣室に300wの赤外線乾燥用電球を取り付けて一冬を過ごしました。赤外線乾燥・・というとピンと来ませんが、作り置きの料理を皿ごと上から温めるためのあの照明器具です。今回は2畳ほどの脱衣所の真ん中に一つ、これを付けて、人間が温められるという構図です。正直、暖房がついているというほどには至りませんが、電球直下の頭には確かに暖かさを感じます。300wも消費しますが、暖房器具を可動させることに比べれば僅かですし、暖かみのある明るい光の空間という副産物も得られます。身体をふいている僅かな時間、寒々しさが和らぐという具合でしょうか。健常者であれば、浴室暖房としてはこの程度で十分かなと思いました。

続きを読む >>

| 1/2PAGES | >>

福岡の建築設計デザイン事務所
「建築工房」と「稲葉工務店」の
共同研究 “水と緑の家”
センシブルハウスプロジェクト

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

entries

categories

archives

links

search this site.

 

mobile

qrcode